今夜の番組から…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【機動戦士ガンダム00】第1話「55号再臨」

[ストーリー]
第二シーズンになってもやっぱり欽ちゃん走りでドーンとやってきました我らが「ガンダム」。今回この欽ちゃん走りに対抗するは、独立治安維持部隊「ジロウズ」。彼らのスローガンはもちろん、
「飛びます!飛びます!」

 
「第二シーズンも…なにひとつ合ってねえ!!」



[感想]
刹那とロックオンの待ち合わせ場所の喫茶店のマスターが、予想通り松崎しげるなのは、ワンパターンにもほどがある、と思った。

[ピックアップ今週の一言]
「自分が乙女座であったことを、今日ほど…
げえっ!今日のめざまし占い、乙女座、11位…ッ!!」

12位だと回避策を教えてくれるが、11位は教えてもらえないので、ある意味、最下位。という、松本人志の指摘は正しい。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/05(日) 17:32:35|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:10

宮廷女官ガンダムの誓い(1)

RX-78-2ガンダム(首から下は地井武男)は、テムレイ博士(体重を半分に落としたペ・ヨンジュン)によって開発された、宮廷用の超高性能メイドロボット。ある日、お約束でオジン軍が攻めてくる。オジン軍が放った矢に当たり、テムレイ博士は絶命してしまう。怒りに燃えたガンダムは立ち上がり、ザク二機を撃破。
  1. 2008/10/08(水) 22:50:19|
  2. 宮廷女官ガンダムの誓い
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第2話「ダブル王貞治」

[ストーリー]
新ガンダム「ダブルサダハルガンダム」。この機体には、近接戦闘に特化した、以下の強力な装備が搭載されていた。

1.ヒートトンカチ
すっごい熱いだけでただのトンカチ。

2.ダブルヒートトンカチ
ダブルになっただけでただのヒートトンカチ。

3.トリプルヒートトンカチ
トリプルになっただけでただのヒートトンカチ。

4.ヒートトンカツ
すっごい熱いだけでただのトンカツ。

5.ダブルヒートトンカツ
ヒートトンカツが2枚になっ
たよ。


6.トリプルヒートトンカツ
さらに、今ならもう一枚お得!キャンペーン中!!


[感想]
「こ…これはお得だ!買いに行かなきゃ!!」
「なんの話だよ!!」


[ピックアップ今週の一言]
「なんで仮面…」
「乙女座だから?」


とあるブログより。吹いたwww

 
>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/10/12(日) 17:18:18|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:19

チーム・バチスタの栄光

このドラマは手術シーンのリアリティに徹底的にこだわり、手術室のセットなどになんと、75兆円もの公的資金を投入している。
  1. 2008/10/18(土) 20:05:08|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

チーム・ボカチカの栄光

大事な場面で打ち損ねたボカチカは、チームメイトたちから、
ボカチカ殴られる。
  1. 2008/10/18(土) 20:06:46|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第3話「アレルヤ○○作戦」

[ストーリー]
拘束プレイに熱中しているアレルヤをなんとかまともな道に戻そうとする刹那たちだが、当のアレルヤは元人革の超兵に萌え萌えで話にならない。

[感想]
自ら餌を撒いてなんとかビーイングとの対決を狙った割には、乙女座の人もコーラサワーくんも登場せず、ホンキで対決する気あんの?と思ってしまった。
あ、普通の感想書いちゃった。
(※当ブログのあり方としては失敗)

[ピックアップ今週の一言]
「スメラギさん萌えこそ、大人の萌えだ!!」
子供っぽい、乳臭い萌えはもう卒業なのさ…。くっくっく…。(←バカ)

 
>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/10/19(日) 23:27:21|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:3

宮廷女官ガンダムの誓い(2)

ガンダム(首から下は地井武男)は、ついに宮廷女官として正式採用される。これにともない、形式番号はRX-78-2からRX-78-3に変更。(マグネット・コーティング処理により、いわゆるG-3ガンダムと同等の仕様になったことによる)。
  1. 2008/10/19(日) 23:29:23|
  2. 宮廷女官ガンダムの誓い
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第4話「大胆かつ無謀な戦い方の理由」

[ストーリー]
「ジロウズ」の策略により水中戦を仕掛けられたボノあけぼの号の面々は、ブーン大尉のグラブロ相手に苦戦を強いられる。

[感想]
第2シーズンでのスメラギさんのミッションプランが常に大胆かつ無謀であるのは、単に泥酔して気が大きくなっているからにちがいない。マネキン女史も「これは…アル中の思考パターン…ッ」と気づいたにちがいない。
あ、また普通の感想書いちゃった。

[ピックアップ今週の一言]
「え…今のガンダムって、主人公はアトム…じゃなかった、アムロでは、ないの?」
うちの妹の言葉。一般人の認識なんてそんなもんです。

 
>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/10/26(日) 22:27:39|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:6

宮廷女官ガンダムの誓い(3)

いわれなき罪で奴婢の身分に落とされ、チェジュ島に島流しになったガンダム(首から下は地井武男)。そこに、倭寇が襲来する。ガンダムは、倭寇に向かいビームライフルを乱射、三分もたたずに倭寇は全滅。
  1. 2008/10/26(日) 22:45:06|
  2. 宮廷女官ガンダムの誓い
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。