今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第3話「竹ガンダム起動」

[ストーリー]
徳永食堂の地下には、開発後6年間放っておかれたバトル・マシン「竹ガンダム」があった。徳永連合のイスン社長は竹郎に、徳永食堂を壊した弁償として竹ガンダムのパイロットになることを提案する。気合十分にそれを了承する竹郎。しかし、うっかりオリビアのうっかり発言が元で、反乱軍に竹ガンダムの存在を知られてしまう。

[解説]
反乱軍の存在が明らかにされるこの回。首領の影がちらりと見えるのだが…。誰かに似ているなあ、と思われた方、ネタばれになるといけないのでだまっているように。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/02(火) 23:48:55|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第4話「舞台の王」

[ストーリー]
月面サーカスの看板俳優、勇一郎ドットコム。彼は月の社会のアングラ界の王と呼ばれていた。そして彼は、裏社会の人脈を利用して密かに反乱軍に協力をしていた。そんな勇一郎はある日、地元劇団の看板女優・林田麻里に巨大なカボチャを持たせたあげく、
「肩が、なんだぁー!」
と怒鳴ってしまう。彼女は西日本新聞の連載コラムの執筆を辞めてとりあえずCM出演を目指すのだが。

[解説]
勇一郎の貧乏生活の描写があまりにも強烈。収入の半分以上が4畳半のアパートの家賃に消える、など壮絶なエピソードが続出。「もうだめだ、と思っても家賃などが滞ったことがないんですよ」という名台詞はファンの間で流行語となった。なお、うちはそば屋ではないらしい。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/02(火) 23:56:10|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】キャラクター紹介。

ガイア竹郎
ガイア竹郎(志垣太郎)
[【機動戦士竹ガンダム】キャラクター紹介。]の続きを読む
  1. 2008/12/03(水) 00:09:02|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

ブラッディ・マンデイ

バイオテロを指揮するJ(成宮寛貴)により、大量の女性たちが倒れてゆく。
「ほう。やっぱりウイルスで?」
「いや、ウインク一発で、みんなバタバタと倒れていくんだ」
「…」
子供産みてぇー!!って、絶叫しながらね」
「…」
  1. 2008/12/06(土) 21:02:56|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第10話「天の太田光」

[ストーリー]
サポートメカ・ナガシマライザーとのドッキングで、ダブルサダハルガンダムの真の力が目覚めた…ッ。

[感想]
というわけで、今後ダブルサダハルガンダムが発揮するであろう、新たな能力を予想してみました。
1.匂いをかがなくても冷蔵庫の中の食材が腐ってるかどうかわかる。
2.バナナの皮ですべっても転ばない。
3.500円のワインを50万円のワインと同等の味で楽しめるおつまみ選びの達人になる。
4.肩が凝らない。
5.「省エネを、やりま省エネ」とかいうレベルのダジャレでも爆笑できる。
6.やれと言われればこういうの百個くらいは書けますが、誰もが「もうやめれ」と思ってるハズなのでもうやめます。

[ピックアップ今週の一言その1]
「犯罪ですよ」
アレルヤには言われたくない
複数ブログの感想より。ワロタ

[ピックアップ今週の一言その2]
「みなさまの清きクリックのおかげで、
一時、19位まで躍進しました!!」

FC2ブログランキング「ガンダム ランキング」部門にて、一時、19位まで躍進しました!(画面キャプチャ)クリックしてくださったみなさま、ありがとうございます!


 ↑↑↑よかったらまた、クリックで清き一票をポチッとお願いします♪


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/12/07(日) 18:49:59|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:15

【機動戦士竹ガンダム】第5話「祭りのあと」

[ストーリー]
よんくプロデュースのダンスユニット「153.6人祭」が大失敗。企画を提案したイスン社長が窮地に立たされる。勇一郎を反乱軍の協力者とは知らない竹郎は、勇一郎の所属する月面サーカスにアドバイスを求めるため、竹ガンダムでサーカスドームに向かう。

[解説]
153.6人祭の登場シーンは明らかに18人しか描かれていない。しかも小数点ってどういうことだ。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/07(日) 18:54:44|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第6話「オリビア奮戦」

[ストーリー]
うっかりオリビアが洗濯機を買い換えた。なんと超音波の力であらう、洗剤の要らない洗濯機だ。巨漢パイロットのオリバート・オデブサン(コニシキ)は洗濯をしてもらいたいあまり、なんとオリビアに求婚してしまう。男の嫉妬にかられた竹郎は竹ガンダムを起動。洗剤を使わずに、なんと気合のみでオデブサンのオーダーメイド巨大LLサイズパイロットスーツをきれいにしてしまう…。

[解説]
「別に、ガンダムに乗らなくてもいいじゃん」というファンからの突っ込みが殺到したこの回は、また人気投票でも常に上位に顔を出す人気エピソードでもある。なお、第13話「地獄甲子園」以降にレギュラーとなる桑田が、この回で綿菓子屋の店員として一瞬だけ写っていることはマニアの間では有名。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/07(日) 19:01:45|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

必殺仕事人2009スペシャル

[ストーリー]
前シリーズで主役だった東山紀之をプラスティック爆弾で爆殺し、再び主役に返り咲いた主水(藤田まこと)。さっそく本間英作(植草克秀)、卓球の愛ちゃんとキスしたやつ(錦織一清)と共に三人で「仮面ライダー」を歌い踊るが、しかしそこで主水が「おれたちは何か重大な間違いをおかしてるのではないか」と気付き始める。

[感想]
主水が旧来の「バズーカ殺し」に変わり、相手の体内時計を強制的に進めて老衰で死なせる「タイムマシン殺し」を披露。しかしあいかわらずせんが八本足だったり、りつがのどを平手で細かく叩きながら「ワルワレハ、光ノプロバイダー~」と言うなどといったいわゆる
「宇宙生まれであることを強調する演出」
は、やはりマンネリではないかと思った。
  1. 2008/12/14(日) 11:57:52|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第11話「ダブルサダハルの声」

[ストーリー]
セルゲイ中佐43歳(※階級は大佐、年齢は多分47歳)は、迫り来るメメント・モリ着弾の爆風を、
「セルゲイバリヤー!!」
の一言で跳ね返す。一方なんとかビーイングはジロウズの奇襲を受け、大混乱となる。防戦一方となったNBだが、しかし刹那の
「セイエイバリヤー!!」
の一言で形勢逆転。

[感想]
ジロウズの奇襲を予測はしていたものの、今回のNBは後手に回りすぎというか混乱しすぎ。タンスの角に足の小指をぶつけたり、ストーブを消し忘れて出かけてあわてて戻ったり、お魚くわえたドラ猫追っかけて財布を忘れたり、卵焼きを焦がしたり、上から落ちてきた金だらいで頭を打ってアレルヤが気絶したり…。

[ピックアップ今週の一言その1]
「↑そのパターンって…ファーストシーズンでもやりませんでした?」
…そ、そうそう毎回毎回、新機軸のパロディなんて、お、思いつかないんだよう!!(逆ギレ)

[ピックアップ今週の一言その2]
小声で
「池田バリヤー!!」
 

[お知らせ]
よくトラバ打たせていただいてる以下のブログに、リンクを張らせていただきました
(引越し前にも張らせていただいていましたが改めて)
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
SERA@らくblog 3.0
おもちやさん


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/12/14(日) 21:21:12|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:6

【機動戦士竹ガンダム】第7話「キングナメトリン攻略」

[ストーリー]
うっかりオリビアが着メロを大岡越前から暴れん坊将軍に代えたとたん、まちがい電話が殺到。その中の一人にうっかり「はっはっは、おれが、白幕だ。いや、黒幕だ。はい、外してしまいましたー」と大原すえへいと沢田浩二のものまねで返してしまったことをきっかけに、オリビアは反乱軍の影の首領と疑われてしまう。彼女に迫る甲賀忍群を竹郎の竹ガンダムが踏み潰す。「にいさん、話がちがうヨー!」なぞの台詞をのこしてトムとジェリー状態になった忍者(竹中直人)を、竹郎はたけのこご飯でねぎらう。

[解説]
なぞの超古代遺跡「地獄甲子園」が姿をあらわすこの回。秒刻みのカット割から一気に全貌があきらかになっていく演出はスピード感にあふれ秀逸。この回のみ、音楽はハードコア・ノイズミュージックユニット「暴力温泉芸者」が担当している。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/14(日) 21:40:49|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

大河ドラマ「篤姫」第49話「明治前夜:天璋院大激怒!」

江戸城を追い出された天璋院(高橋かおり)は激怒し、「逆賊薩摩討伐」を訴える書状を、新政府と敵対する奥羽越列藩同盟に送りつける…。
  1. 2008/12/19(金) 08:17:19|
  2. 大河ドラマシリーズ
  3. | トラックバック:0

大河ドラマ「篤姫」最終回「二本目の道」

かわら版屋(コロッケ)が、明治になったら写真屋さんになっていたという衝撃のラストに、視聴者の誰もが涙した…。
  1. 2008/12/19(金) 08:19:57|
  2. 大河ドラマシリーズ
  3. | トラックバック:0

ブラッディ・マンデイ(最終回)

J(成宮寛貴)は放射性物質を持って逃亡し、マヤ(峰不二子)も大金を手に逃亡した。
そして影に潜む真の黒幕(テレビ局のプロデューサー)は、
「ふっふっふ、この終わり方なら、パート2でも劇場版でもスピンオフ作品でも、この先の展開は思うがまま…」
  1. 2008/12/20(土) 22:47:11|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:4

【機動戦士ガンダム00】第12話「鍋を待ってる」

[ストーリー]
戦場で邂逅した沙慈とルイスは、お互いの心の叫びを聞く。
「おでんが!!おでんが食べたい!!」
「鍋よ!!この季節はやっぱり、もつ鍋よ!!」
「ちがうよルイス!!鍋なら、絶対キムチ鍋だよ!!キムチ鍋!!」

[感想]
冬ですなあ。

[ピックアップ今週の一言]
「機体そのものが、量子化だと!?ツインドライブは化け物か!?」
って、アムロの声で言ってほしい


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/12/21(日) 18:45:26|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:10

【機動戦士竹ガンダム】第8話「月面の田園」

[ストーリー]
麦藁帽子をかぶった旅芸人・玉置浩二(本人)が徳永食堂にあらわれる。ケーキが好きらしい。「生きていくんだ、それでいいんだ」と歌う彼の姿をみて竹郎は「おれ!地球に行きてー!」と突然言い出し、竹ガンダムで月面シャトルバスの発着レールを占拠してしまう。イスン社長たちが必死に説得するが、その間にもシャトルバスの着陸時刻がせまってくる…。

[解説]
地獄甲子園の地下からの侵入作戦が失敗したときには視聴者のだれもが「もうだめだ」と思ったことであろう。ニュートン力学の専門家でもある竹野総監督による精密な科学考証がサスペンスを盛り上げた力技の一品である。シャトルバスの軌道の計算式は「竹ガンダム全記録2 裏切りの荒野」(たけのこMOOK)に詳しい。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/21(日) 18:51:05|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第9話「勇一郎、ちかっぱびっくり!と叫ぶ」

[ストーリー]
勇一郎ドットコムを町で見かけたうっかりオリビア。早速サインをねだるが、うっかり彼の家までついていってうっかり寝込んでしまう。「きゃあ、男の人の家で一夜を明かしちゃった。どうしよう」と古風なところを見せるオリビアだが、勇一郎が電エースのフィギュアを集めている事実を知ってしまう。

[解説]
この回では予算の都合上、竹ガンダムの登場シーンは全て、主題歌をうたっている劇団GIGAの俳優・西島章生氏が素顔でジャージを来て実写で演じている。西島氏のヘアスタイルに話題が集中した。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/24(水) 02:46:56|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第10話「アヤトの登場」

[ストーリー]
竹郎と仲良くなったガソリンスタンドの店員の少女・アヤト(aya)はなぜか竹郎のことを「お父さん!」と呼ぶ。そのころ、勇一郎は徳永連合のバトルマシン開発基地に潜入、「お腹の中にはなにがある お腹の中にはミーのネヴァー」などと奇怪な歌を歌いながら情報カプセルへと肉薄するが。

[解説]
本シリーズ屈指の人気キャラクターとなった、アヤトの初登場の回である。それゆえ、ビデオ屋ではこの回を収録した第3巻が常に貸し出し状態となるほどである。なお、演出は退屈かつ冗長。

[こぼれ話]
非常に印象的なガソリンスタンドでの竹郎とアヤトの出会いのシーン。このシーンはのちに出川哲郎の全然似てない物まねによって大学生のコンパにおける定番の宴会芸となった事で広く知られるが、それ以外にも、のちに宇多田ヒカル最大のヒット曲となる
「宇多田ヒカルのズンドコ節」
のなかの「♪過度のガソリンスタンドの オイルまみれのメガネっ娘」というフレーズの元になったというのはマニアの中でのみ語られる知られざる事実である。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/24(水) 03:13:01|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第13話「メゾン・ド・森攻略戦」

[ストーリー]
なんも考えずに力づくの特攻を仕掛けるなんとかビーイング。そしてメメントモリの直撃を、
「スメラギバリヤー!!」
の一言で(以下略)。

[感想]
大掃除とか年末年始出勤とかマジ忙しくて。
ガンダム?それどころじゃないんだよ!!
「狙い打つぜ!」「それより年賀状打ってくれ」

[ピックアップ今週の一言]
「タマタマを見忘れた人に…」
そ…そんなッ!!なんて、はしたないことをぉぉぉぉ!!!!


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2008/12/29(月) 00:44:48|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:10

【機動戦士竹ガンダム】第11話「建国のマンデルブロー集合」

[ストーリー]
反乱軍が建国宣言を決行する。反乱軍の広報官・ジュリア集合(藤井フミヤ)は「地球でまっております」と竹郎たちに告げる。なぜかその場に現れたアヤトは「ボクが案内するよ!」というのだが。

[解説]
禁断の惑星・地球という目的地が示される、ストーリーのキーポイントとなる回である。アヤトが竹郎たちの前に現れた理由の説明はかなり強引だが、これは後のストーリーの伏線となっている。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/29(月) 00:45:04|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第12話「アヤト・パワー」

[ストーリー]
うっかりオリビアとアヤトの二大天然女性キャラがついに対面してしまう。
「ああ…この二人のボケが合体すると、きっと大変なことに…」
という周囲の心配をよそに、意気投合した二人は焼きはまぐりにはまって食べ歩きに出かけるが、養殖ドームにて、なぜか自然と食物と精霊に関する詩を筆で書いて勝手に観光客に売りつけはじめたアヤトは、「誰の許可をとっとるんじゃい」と凄むヤクザを、通常の人間の六倍の怪力を生かしてちぎっては投げ、ちぎっては投げ…。

[解説]
竹野総監督のメッセージをダイレクトに語るこの回は好き嫌いが分かれるところだが、本シリーズの方向性を決定付けた回である事は間違いがない。アヤトが観光客に売りつけて大儲けする詩はすべて、字がへたくそなことで有名な、俳優の杉本哲太さんに無理矢理書かせたものをそのまま実写で撮影して使用している。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/29(月) 00:45:16|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0