今夜の番組から…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【機動戦士ガンダム00】ガンダム00ナビ「タマタマを(以下略)」

・ゲストですら「特番なんかいいから早く続きを見せろ」と思っている
・「ガンダムがついていればなんでもええねん」「ここ(ガンダム頭部のアンテナ)だけでも30分は見れる」に共感
・女の子の髪型はツインドライブが一番ですぅー(ですですぅー)
・刹那・F・セイセイ
故国燃ゆー!!
・※↑「マリナ」という単語が出てきたのはこのパートだけ(多くのブログで書かれているが「全く触れられていない」わけではない)
・土田以外は別に必要なかった
・ゲストは土田の暴走を止めるリミッター役(※と思ったら以降、他のゲストの方がはるかに暴走)
・スメラギさんって相当なボインちゃん(←死語)
・グラハムなんとかさんのボケはきちんと拾ってあげるべき
・↑ツッコミの一例「モビルスーツだよ!」(by 喜屋武ちあき)
「俺が、ガンダムだ」(by 喜屋武ちあき)
・能登のノート(ダジャレ)
・しゅみりゅのふたいしゃ!!
・私なら、むしろ土田の養子になりたいです(向こうが年下ですが)
・マイスター4人を養うのはそれなりに大変
・刹那の走り方「タッタカタッタカ(←コミカル)」
・ロックオンの最後に皆、息を飲む
・音楽について語る語る
・以下、監督からの極秘情報…?
 次回から、コーラサワーくんが主人公に?!
 スメラギさん、ついにフルヌードか?!
 新ガンダム登場か?!デストロイモードでは顔が半分に割れて、サイコフレームが…
 「ちょwwwそれちがう作品www」
・ていうか、なぜ俺はナビの時に限ってこんなに詳細にレポートしているんだ?


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
スポンサーサイト
  1. 2009/01/04(日) 17:29:50|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:16

【機動戦士ガンダム00】第14話「歌が大ヒット」

[ストーリー]
せっかちな刹那は女の子に嫌われるが、そんな中、マリナ姫が作詞作曲歌演奏をこなした新曲
スパイダーマン・ブギ
がミリオンセラーを達成する…。

[感想]
「この音質が、俺を変えた!!UGA!UGA・UGAカラオケUGA!」
といいながら歌い狂うマリナ姫のはじけっぷりは、ついにヒロインとして開眼したといっても、過言だろう。

[ピックアップ今週の一言]
「戦闘データを転送してあげたから、それを見れば行方も…
って、ちょwww人の話を聞けぇぇぇ!!!!」
「こいつはモノ質ってやつだあ。ええとね、つまり、普通、人質っていうでしょ?その代わりにつまり、モノを盾にとってぇ、
って、ちょwww人の話を聞けぇぇぇ!!!!」

刹那せっかちすぎwwww


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/01/11(日) 22:01:02|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:10

【機動戦士竹ガンダム】第13話「地獄甲子園」

[ストーリー]
超古代遺跡・地獄甲子園のマウンドに一人たたずむ男がいた。彼の名は桑田。彼が投じた入魂のビーンボールにより、ついに地獄甲子園の封印が解かれた。内野のダイヤモンド下の電磁プレートが生み出した擬似反重力により、竹ガンダムは地球へと飛び立つ。

[解説]
地獄甲子園の正体はラグランジュポイント上の軌道エレベータへの入り口だった、という壮大なSF設定に驚愕したハードSFファンも多いことだろう。声優を担当した清原の棒読みにも驚愕させられた。

>>第1話から読む
  1. 2009/01/12(月) 06:44:42|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

情熱大陸棚「~MilkyWayの素顔~」

今回の「情熱大陸棚」では、人気アイドルユニット・MilkyWayの素顔に密着する。
メインボーカルの月島きらりは、オーディションでの歌唱力(音感)には難があったが、最終選考にてレッスンでの改善が望めると判断され…。
  1. 2009/01/13(火) 00:29:42|
  2. バラエティ番組
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第15話「反抗的な姫さま」

[ストーリー]
前回に引き続きマリナ姫は、
「ありがとう!心の友よ!」
といいながら歌い狂い、戦闘シーンやロックオンのせっかくの良い台詞の邪魔をしている。それを見た刹那は一言
「…ジャイアン?…」

[感想]
またしても、当ブログ内における刹那の「言わなくていいことをついうっかり口にしちゃうキャラ」っぷりが炸裂。いったい何度目だwww

[ピックアップ今週の一言]
「ジャイアンですって?
クラウザーさまとおよびっっっっ!!!!」

ひ…姫さまご乱心!!!!


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む

  1. 2009/01/18(日) 09:53:46|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:12

必殺仕事人2009「毛羽毛現」

[ストーリー]
前回、主水(藤田まこと)にプラスティック爆弾で爆殺されたはずの東山紀之だったが、何食わぬ顔でゾンビ同心として奉行所で夜勤をし、ゾンビ義理の母にいびられ素振り千本をさせられたりしつつゾンビ主役を続けている。そんな中、江戸市中に「全身毛だらけの妖怪を見た」との目撃情報が相次ぐ。奉行所では
「妖怪に対抗するにはやっぱりゾンビだろ」
といって、いやがる東山に調査を押し付けるが…。

[感想]
涼次がいっさいしゃべらずにひたすらコーヒーを淹れているのはどういうわけだろうか。
  1. 2009/01/18(日) 10:27:59|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:3

メイちゃんの執事

メイちゃん(五月みどり)は、執事(鈴木史朗)から、
「そこの国道、渋滞しております。」
「山横線遅れております。」
「午後から、大雨です。」
などの報告を受ける。

  1. 2009/01/20(火) 22:24:39|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:3

必殺仕事人2009「我知屋品」

[ストーリー]
平吉(吹越満)は伊能派の腕の良い絵師だったが、型にはめられるのを嫌って伊能派を辞め、
↓こんな絵ばかりを描いていた。
G_PIN.jpg

[感想]
今回も涼次はあいかわらずいっさいしゃべらずにひたすらコーヒーばかりを淹れている。しかも時々、登場人物の相関図を黒板に書いては頭を抱えたり、「ナポリタン」という単語を聞くたび地団太を踏んだりと、とにかくわけがわからない。
  1. 2009/01/23(金) 22:02:24|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0

銭ゲバ

主人公の、銭・ゲバラ(松平健)は、金ピカ衣装でサンバを踊るために、大量のカネを必要としていた…。
  1. 2009/01/24(土) 21:16:50|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第16話「悲劇への序曲」

マリナ姫
[ストーリー]
リボンズ以下インベーダーたちの企み…それは、メメントモリでアフリカタワーごと敵対勢力を一掃するという恐るべきものであった。しかし、反政府組織「方論」はすでに、メメントモリをはるかにしのぐ最終兵器を手に入れていた。GN粒子を媒介にしてすべてを崩壊させる音波兵器、そう、マリナ姫の
「ジャイアンソング」だ。

[感想]
これもイオリアの計画の一部なのか…ジャイアンソング、恐るべし。

[ピックアップ今週の一言]
「切り捨て、ごめーん!!」
あやまらなくてもいいような…。

「あえて言うぞ少年!!」
あえて言うほどのことじゃないような…。


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/01/25(日) 17:44:52|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:5

【機動戦士竹ガンダム】第14話「ミーシャ宇宙決戦」

[ストーリー]
ソウルシンガー・ミーシャはとりあえず登場したが、脚本家はそこから先の展開をまったく考えていなかった。困惑する竹郎たち。とりあえずアヤトの自作曲「宇宙で奏でるべいびいびいと」を歌わせてみることにするが、当ブログの中の人の実家におけるカラオケの鉄則は「いかなる歌でもかならず立って歌うこと」だった。

[解説]
実相寺昭雄ばりの超クローズアップの多用とあいまって、本気でなにがなんだかさっぱりわからない話に仕上がっている。そして、おわかりとはおもうが、超カルト的人気を誇るエピソードでもある。「べいびいびいと」をフルコーラス歌えるマニアは多く、週末の秋葉ではこの曲を集団で踊り狂う姿がよく見られる。

>>第1話から読む

  1. 2009/01/25(日) 17:56:09|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

銭ゲバ

銭・ゲバラ(松平健、略して松ケン)は、おひねりを持った、でっぷり太ったおばさんたちが
「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨」
と迫ってくる様を見て、
「お前らの顔なんかみたくもない、銭のためズラ…」って…(;゚д゚)ァ

  1. 2009/01/31(土) 20:58:16|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。