今夜の番組から…

必殺仕事人2009 登場人物紹介

東山
東山紀之(本人)
[必殺仕事人2009 登場人物紹介]の続きを読む
  1. 2009/02/01(日) 00:30:32|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第17話「散りゆく光と影とせつなさと愛しさと心強さとの中で」

[ストーリー]
今一歩のところで、反政府組織「方論」の最終兵器「マリナ姫のジャイアンソング」の投入は間に合わなかった。メメントモリの攻撃がかすめ、軌道エレベータは崩壊していく。マリナ姫はつぶやく、
「歌が届けば…




あの破片、私の破壊音波で全部破壊できるのに」

[感想]
軌道エレベータ崩壊の際に流れる音楽が、ドリフの「八時だよ!全員集合!」の舞台暗転のときの
「♪パパパ パッパララッパ パッパララッパ パッパララ パッパパラッパラッパ~♪」
という音楽なのがあまりにも空気を読んでなくかつバッチリはまりすぎ。 

[ピックアップ今週の一言]
「ところでみなさん、マリナ姫の歌ネタって、どのくらいまで引っ張れると思います?」
多分、先週位がやめどきだったような…(汗)


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/02/01(日) 18:00:53|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:14

【機動戦士竹ガンダム】第15話「ラグランジュポイント」

[ストーリー]
竹ガンダムとゴンドラ放送席は軌道エレベータに到着する。不安定な重力場の中で安定を保つため、軌道エレベータは複雑なコースをたどっている。その軌道計算図をみてアヤトは「何かに似ているなあ…」と思う。「そうだ!スパゲッティだ!ねえお父さん!すぱげってぃ食べよーよぅ!」と竹郎にねだるアヤトには、ある作戦があった。

[解説]
小さくてしょうもない作戦だったはずが相乗効果でどんどん大騒ぎになっていく過程を丹念に追っていく脚本が笑いを誘う。「月と地球の中間点のラグランジュポイントは重力場が不安定」というハードSFファンなら誰でも知っている話をクライマックスでうまくオチに使っている。

>>第1話から読む

  1. 2009/02/01(日) 18:01:01|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

必殺仕事人2009「動物地獄」

[ストーリー]
江戸市中にはびこる、動物を悪用した犯罪。それを操る暗闇奉行の正体は、陸奥五郎という男だった…。

[感想]
今回、涼次が、悪人を昼ドラの世界に引きずりこみ、劇中の殺人事件に巻き込んで殺す
「秘境・軽井沢夫人ごっこ殺し」を披露する。

[次回予告]
巨大公共事業の裏に潜む消費税!!

  1. 2009/02/06(金) 21:57:16|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:1

銭ゲバ

三國家にまんまと取り入ることに成功した銭・ゲバラ(松ケン)は、茜(木南晴夏)との結婚披露にかこつけて盛大な焼き肉パーティを提案する。それは自らが考案した「ゲバラ焼肉のたれ」を売りさばくためだった…。
「銭のためズラ…」
  1. 2009/02/07(土) 21:48:16|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第18話「紅白にノミネート」

[ストーリー]
当ブログの中の人は、いい加減マリナ姫の歌をネタとして引っ張るのは限界だと思っていた。しかし「4ヵ月後」とかいう豪快な展開、かつ前回あれほど苦労したメメントモリ攻略を冒頭であっさり成功させるという手抜きな展開では、正直パロディのネタにするポイントを、まったく見出すことが出来ない。苦悩する当ブログの中の人。しかしラジオからマリナ姫の歌が流れるに至っては、そこまで人気急上昇中のヒットソングならば、もはや紅白にノミネートするしかないと悲壮な決意を固め…。

[感想]
いやもう、正直ムリっす(°∇°;)

[ピックアップ今週の一言]
「ベーダ…」
「ガンダム…」


「非生物萌え」こそ最高の萌えです。ちなみに私は
「ゼロ戦の垂直尾翼操縦系統の剛性低下構造萌え」です。


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/02/08(日) 21:59:44|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:3

【機動戦士竹ガンダム】第16話「踊れ!成層圏」

[ストーリー]
一万年以上ものあいだ封印されていた惑星・地球。竹郎たちはその禁断の惑星についに降り立とうとしていた。そして、ガンダムのお約束どおりその直前に敵が攻撃をかけてくる。しかし、竹郎はとうとう最後まで出撃しない。竹ガンダムのコクピットはむき出しだからだ。

[解説]
お約束を最後で裏切る展開が物議をかもしたこの回。歯切れの悪い演出はたしかにもどかしい。竹野総監督がこのエピソードを製作中に競馬で大負けしたのは有名な話。

>>第1話から読む

  1. 2009/02/08(日) 22:05:28|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

「今夜の番組から…。」とは

当ブログは「テレビ番組パロディブログ」です。

「今夜、あなたの知らないこんな番組があるんです。」をキャッチフレーズに、既存のテレビ番組のストーリーにあることないことうわっかぶせ、とんでもない番組にしちゃいます。

いわゆるテレビ番組視聴ブログとはちがい、一部例外を除き、
ウソしか書きません(笑)

どうみてもウソにしか見えないようにしか書きませんが、もしここに書いてあることを本当と真に受けてなんらかの損害を被ったとしても、補償は致しかねます。

また、パロディそのものがお嫌いで、自分の大好きな番組をバカにされたとお怒りになる方もいらっしゃるかもしれないと、実は内心びくびくしながら書いてます。しかしそのような場合でもどうか、下手くそなピエロの戯れ言と聞き流してくださいませ<(_ _)>

また、更新間隔はあまり頻繁ではありませんので、よろしかったらお気に入り登録やRSS登録をお願い致します。


今夜、あなたの知らないこんな番組があるんです。

  1. 2009/02/11(水) 19:54:36|
  2. このブログについて
  3. | トラックバック:0

パロディのパターンについて

一人でこつこつパロディを考えていますが、同じ人間の発想力には限界があり、おのずとパロディの仕方において、いくつかの固定パターンが出来てしまっています。

1.やたらと焼肉パーティが開催される。
ネタに困るとなぜか、登場人物たちによる焼肉パーティが開催されるという架空のストーリーが展開されるというパターンがよく見られる。
当ブログのこの「焼肉パーティパターン」の詳細は「過去に開催された焼肉パーティリスト」を参照。

2.どたばたコントパターン。
「危機に遭遇して登場人物たちが右往左往する」といったストーリーはほぼ間違いなく「ドリフ的などたばたコント」という話に改変する。タンスの角に足の小指をぶつけたり、ストーブを消し忘れて出かけてあわてて戻ったり、お魚くわえたドラ猫追っかけて財布を忘れたり、卵焼きを焦がしたり、上から落ちてきた金だらいで頭を打って気絶したり…。

3.登場人物クロスオーバー。
実写ドラマのパロディにおいては、ある役を演じている俳優さんが別のドラマで演じていた全然ちがう役とごっちゃにする、という手法を多用する。
例:このパターンをもっともしつこくやっているのが「必殺仕事人2009」である。本物のドラマで「涼次」という登場人物を演じているTOKIOの松岡昌宏が、過去に「マンハッタンラブストーリー」というドラマでコーヒー店のマスター役を演じていたことを毎回ネタにしている(登場人物名からして、江戸時代なのに「コーヒー屋の涼次」にしてしまっている)。

4.まちがいを逆手に取る。
いいかげんな情報で脇の甘いパロディを書いてしまうことも正直多々ある。
明らかなまちがいは気づいたら直すが、直せないほどのまちがいはむしろその「まちがった」ということ自体をネタにすることもある。
例:具体例としては、「必殺仕事人2009」で当初、「中村主水が復活する」という話を「主役として復活する」と勘違いし、中村主水が東山紀之を爆殺して少年隊のメンバーになりかわる、というギャグを書いてしまった。しかしまちがいを直すどころか、死んだはずの東山紀之はゾンビ同心として今日も元気に夜勤を続けている…。

5.だじゃれ。
やはり、だじゃれが一番簡便なパロディ手段であって、どうしてもそこに頼らざるを得なかったり。
例:「銭ゲバ」だから、主人公の名前は「銭・ゲバラ」。ちょうどチェ・ゲバラの映画が話題になっていたこともあり、「銭・ゲバラ」。



あまつさえそれが、その後「ゲバラ焼肉のたれ」にまで発展。

  1. 2009/02/11(水) 20:24:10|
  2. このブログについて
  3. | トラックバック:0

必殺仕事人2009「録画失敗」

[ストーリー]
巨大公共事業の裏には消費税が潜んでいたが、それは先週書いた「次回予告」そのままだったため、このブログを定期的に巡回している人々は
「こいつ、今週、見ないで書く気だな…」

[感想]
今回涼次が披露した「秘技・ナポリタン殺し」を紙上で再現する。
「こんばんわー。ピザーラ八丁堀店ですー」
「おお、こんな夜更けにすまないねえ」
「どういたしまして!こちらが、ご注文の”地中海の夏野菜ピザ”でございまーす」
「…ちょいとお待ちよ。注文、まちがってるじゃないかい!!私が頼んだのは、ピザじゃなくて、スパゲッティだよっ!!」
「え…そ、そんな…も、申し訳ごさいません!!」
「まったく!私が頼んだのはねえ、ナポリタンなんだよ、ナポリタン!
「ナポリタン?!ナポリタンだとう?!ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ、略してWBCで、王監督のもと第一回大会優勝したこの私が、ナポリタンなどと!!貴様ゆるせねえ、殴る!!」
ボカ。
「な…なんてすごいパンチだ…負けたぜ…ご、ごふっ!!(死)」
  1. 2009/02/14(土) 01:08:59|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0

銭ゲバ

勝間メソッドによって自らをグーグル化した銭・ゲバラ(松ケン)は、宅建・税理士・ファイナンシャルプランナー・情報処理などの高度な資格を次々に取得。専門知識と三國家の財力をバックに、先端的な新事業を矢継ぎ早に立ち上げ、業界の風雲児となる。
「銭ズラ…。銭のためなら、なんでもやるズラ…」
  1. 2009/02/14(土) 22:21:46|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第19話「せっちゃんのテレビショッピング」

[ストーリー]
再び、ツインドライブが放つGN粒子が戦場を満たす。そのとき、まさに驚きの効果が!!

[感想]
今回は、刹那がGN粒子の効果を自ら実演。それによると、刹那はGN粒子のおかげで、背が伸びたり、性格がやさしくなったり、銃で撃たれても死なない頑丈な体になったり、より安い金利で住宅ローンを借りれたり、生ゴミの消臭効果、お米がよりおいしく炊き上がる、より高い冷暖房効果、のどにやさしい適切な湿度の維持、焼肉パーティのあとに肉の匂いがこもらないなど、まさに万能粒子と呼ぶにふさわしい効果を発揮している。
リボンズ「それで…?いったい、いくら出したら、それを譲ってくれるんだい?」
刹那「ええと(汗)…これだけ、便利な粒子なもんですから(汗)…本当なら、かなりお高いんですが(大汗)…今回は、さらにこれに、マリナ姫のCDをプラスして(凄い汗)…ええと(凄まじい汗)…



じゅうきゅうまんはっせんえーん」


[ピックアップ今週の一言]
「ソーマ・ピーリスだ!」
といって怒られてるアレルヤはもはや喜んでるのでは、と思ってしまう件。
まあ、第3話で拘束プレイに熱中してた彼ですから、なんとなくMっぽく見えてしまいますね「お前だけだそんなの!!」



 ↑↑↑ブログランキングに参加しています。クリックで清き一票をポチッとお願いします♪


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/02/15(日) 21:25:50|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:3

当ブログ100エントリー到達記念特番!!踊らない踊らない踊らない!よんま御殿春の大回転スペシャル

騒然・なんだかんだ言っても所詮
人の子・そんな祐一にマジギレ/
そんなこといわれても…浅香光代
が電子メール愛をマジメに語る/
まさかの逮捕劇に場内騒然
  1. 2009/02/15(日) 22:01:51|
  2. バラエティ番組
  3. | トラックバック:0

必殺仕事人2009「放送延長」

[ストーリー]
伊勢崎藤五郎(国分太一)は、地位の高い寺社役付き同心であるにもかかわらず、病の妻・初枝の看病をしながら暮らすめっちゃ感じの良い侍だったが、弱みにつけこまれ、病を治すと評判の陰陽師・百瀬清水(江原啓之)と医者の隆玄(美輪明宏)の手先となっていた…。

[感想]
今回、涼次ネタは思いつかないので、なし!!
「そ…そんなのありなんだぁ?!」「しぃー!!」
↑オリエンタルラジオ

[次回予告]
欽ちゃんファンドに翻弄される田舎侍の悲劇!!
  1. 2009/02/21(土) 22:36:15|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0

銭ゲバ

勝間メソッドによって自らをグーグル化し出世街道を駆け上った銭・ゲバラ(松ケン)はついに社長に…って、それには元々の社長(山本圭)がじゃまだよ!!(;゚д゚)ァ
というわけで、話が妙に本編とシンクロしだしたことに危機感を抱いた当ブログの中の人(自分の脳内では成宮寛貴:リアル時劇団ひとり)は、この際だから今までに本編で死んだ人間をまとめて殺そうと考え、早速三國造船にガンダムを出動させビームライフルを乱射…って、話の持って行き方が!!思いっきりまちがってるよ!!(;゚д゚)ァ
そんなことを言ってる間に、え?本編では主人公タイーホ?こ、こっちも逮捕しなきゃ!!というわけでじゃあ、とりあえずガンダム強奪の罪で…って、またまちがってるよ!!(;゚д゚)ァ
  1. 2009/02/21(土) 23:16:20|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

[ストーリー]
タマキン・スカイウォーカー(玉置浩二)は、薬師丸ひろ子を失うことを恐れるあまり…「いったい何年前のネタだよ。歳がバレるぞ」。しかし彼は、ダークサイドに落ちた結果、石原真理子と復縁する。

[解説]
6億2700万ドルの損失をアメリカ経済に与えた怪作。第26回ゴールデンラズベリー賞・最低助演男優賞受賞作品。(注:本当です)
  1. 2009/02/21(土) 23:26:20|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

【機動戦士ガンダム00】第20話「巨乳・リターン」

[ストーリー]
GN粒子の効能で最近絶好調に吹っ切れている刹那くんは今回も、インベーダーとしての本性をあらわにしたアニューを迷うことなく瞬殺!当然ロックオンにタコ殴りにされるが、殴られすぎて脳がおかしくなった刹那の目に写るのは、もはやロックオンではなく、丸顔の太った男が
「生意気だぞう、のび太のくせに」
と言って殴りかかり、超ヘタクソな歌をムリヤリ聴かせる幻影だった…その歌を聴き、刹那はつぶやく
「マリナ姫…」

[感想]
「空気を読まない歌で嫌がられる」というジャイアン属性は、パワーアップする一方。

[ピックアップ今週の一言その1]
「俺たちには…優れた戦術予報士がいるっ!!」
「う…うーいっ」

酔ってる場合か。

[ピックアップ今週の一言その2]
「しかし、あなたの操舵は…」
「わかってるわよ。飲酒運転って言いたいんでしょ」
「…」


[ピックアップ今週の一言その3]
「命がけの恋ってやつだね!!」
「命がけじゃない恋なんて、この世にあんの?」

ウホッ、深イイ話~♪


>>第1話から読む
>>第1シーズンから読む
  1. 2009/02/22(日) 17:30:30|
  2. ガンダム00(第二シーズン)
  3. | トラックバック:7

【機動戦士竹ガンダム】第17話「空中都市爆裂」

[ストーリー]
竹郎たち一行の前に強力な戦闘力をもつ空中都市・ミサルテーが立ちはだかる。あまりに強力な敵に対し、うっかりオリビアはコンピュータ・ウイルスを転送して自滅させることを提案する。しかし、転送する回線を用意する際、うっかりADSLに加入することを忘れて…。

[解説]
一発勝負でコンピュータ・ウイルスを転送しなければならない、という緊迫した場面でなんとマッキントッシュを使用している竹郎たちの姿を見ておもわず「やめろーっ!!もしフリーズしたらどうするつもりだーっ!!」とさけんだ方も多いことだろう。これは、旧型マッキントッシュを使用させられて連日フリーズに悩まされていた作画スタッフがジョークで書き加えたシーンだとか。

>>第1話から読む
  1. 2009/02/22(日) 18:01:56|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

ハケンの品格 Part2

[ストーリー]
「小田急」に強いこだわりをもついわゆる「鉄子」のスーパー派遣OL・大前春子(篠原涼子)は、派遣切りをされ派遣村を転々とする…。

[解説]
放送してるまさにその最中に、スポンサーが派遣切りをしていたことがわかったらしく、「しばらくおまちください」の文字が画面に出て放送は中断。
放送再開後は、篠原涼子の代わりにクマのぬいぐるみが…

「篠原涼子主演「ハケンの品格2」が制作中止に (痛いニュース(ノ∀`))」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1219083.html

  1. 2009/02/24(火) 17:53:07|
  2. その他ドラマ
  3. | トラックバック:0

必殺仕事人2009「婿殿逆襲」

[ストーリー]
堀 衛門(太ったのび太)と村上不安土(欽ちゃん)は、江戸の相場を吊り上げて大金を得ていたが、その目的は、宇宙ロケットを飛ばすことだった…。押しかける町民に、堀 衛門はうそぶく、
「何ぃ?時代考証?
んなもんはなっから無視だ」


[感想]
今回、涼次のセリフは、
すべてテレパシー。

「(なんでわかるの忍くん?!)」
「如月です。」
  1. 2009/02/28(土) 02:48:18|
  2. 必殺仕事人2009
  3. | トラックバック:0