今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第46話「出会い、再び」

[ストーリー]
アヤトたちと合流した竹郎は、勇一郎の援護をうけて過激派の陣地に殴りこむが、知将・古田のID戦略に翻弄される。新型バトルマシン部隊「もみあげホテル」930機の波状攻撃を辛くも気合で吹っ飛ばして帰還した竹郎を、アヤトはやさしくなぐさめる。

[解説]
竹郎がアヤトを見つめるシーンのやさしい目が印象的。アヤトがなぜか竹郎の誕生日を知っている、というのも意味ありげだ。オリビアならずとも「このふたりはあやしい」と感じるところではあるが。勇一郎のオリビアに対する気持ちを応援する声も。

>>第1話から読む

  
  1. 2010/10/27(水) 22:44:35|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

【機動戦士竹ガンダム】第47話「年下のひと」

[ストーリー]
あくなき大量消費への欲望を無理やり充足させるため、無限大のパワーを発生させるスーパーパワージェネレータ「空虚の泉」を作り出し、あげくの果てにその争奪戦を演じて「空虚の泉」を暴走させて悲惨な大破滅を呼んだ一万年前の地球人類。今の私たちはそれと同じ事をしようとしている、と懸念するアヤトに対して「そんなことはさせない!」と気合を込めて決意する竹郎…!

[解説]
このエピソードでますます竹郎とアヤトが接近した感じだ。ところで、ついにオリビアに告白した勇一郎がアドリブで小泉元総理の物まねをしてたことに気付いた?

>>第1話から読む

  
  1. 2010/10/27(水) 22:49:15|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:1

【機動戦士竹ガンダム】第48話「腕に抱えて」

[ストーリー]
皆既日食の日。突然「空虚の泉」から強力な電波が発生。レーダーが完全に効かなくなって混乱する過激派陣地にまんまと侵入した竹郎。さすがの古田のID戦略も、レーダーが目つぶしをくらってはどうすることも出来ない。窮地にたった古田は自らバトルマシンに乗り込み、マシンの腕に「空虚の泉」を抱えて「この場を立ち去らないと、こいつを爆破するぞ!」と脅迫するが。

[解説]
いったい、この状況でどうやって「空虚の泉」を奪い返すのか、とあれこれ考えていたみなさんも、まさかストレートに正面からぶん殴るとは思わなかっただろう。「あれがぶっ壊れちゃったら世界が破滅するのか。ええい、殴っちゃえー」という竹郎の台詞に勇気をもらいました、という十代の少年少女からの手紙が殺到して話題になった。

>>第1話から読む

  
  1. 2010/10/27(水) 22:51:17|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:1