今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第26話「忘れがちな過去」

[ストーリー]
イスン社長を「漆黒の白き闇の王」と呼んで嫌悪する村の老人たちのため、しかたなくトトロの里から出発することを決めた竹郎たち。イスン社長は頭をぼりぼり掻きながら「実はサー、おれ、一万年前からやってきた男なんだよネー」と明かす。驚愕する一同の中で、一人だけその事実を知っていた竹郎は、イスン社長にあのたこ焼きを作ってもらおうと珍作戦を展開する。

[解説]
愉快で楽しい記憶を、人は忙しさの中であっさり忘れてしまう、という重いテーマをあくまでも軽妙に描ききったこの回。たこ焼きにからしマヨネーズをぬりながら声にならない涙を流すイスン社長に、自分の姿を重ね合わせたサラリーマン諸氏も多いのではないだろうか。

>>第1話から読む


  1. 2009/04/02(木) 08:21:01|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« 教育テレビ選集(2) | HOME | 【機動戦士竹ガンダム】第25話「アヤトの牛」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/136-f827cebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)