今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第43話「衝撃の裏設定」

[ストーリー]
反乱軍の影の首領は、なんと行方不明になっていたはずのイスン社長であった。驚きのあまり全員そろって佐渡おけさを踊るオリビアたちに、社長は驚くべき真実を語り始める。もともと一万年前の世界で商売を志していた彼は、小金をためて宇宙ヨットに興じていたときに時空回廊に迷い込み、この月面社会に流れついたのだ。この社会に存在しなかった「資本主義」という概念を持ち込み社会を激変させ、自らも荒稼ぎをしたイスン社長。しかしおかげで、大量の産業廃棄物と貧富の差の増大を生み出す結果となってしまった。そして、例の爆発でまたもや一万年前にタイムスリップした社長は、大量消費文明を追い求め続けた結果、悲惨な大破滅に直面し、荒廃し人が住めなくなってしまった地球を目撃して自らのまちがいを悟る。そして、彼は自らのまちがいを正すため時空回廊を通じてこの月面社会に戻り、反乱軍を組織して機会をうかがっていたのだった。

[解説]
ついにほとんどのなぞが解明されるこの回。面白いのはまちがいないのだが、しかしタイトルはもう少し何とかならんのか。

>>第1話から読む

  
  1. 2010/08/29(日) 23:35:17|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« 【機動戦士竹ガンダム】第44話「天然のふたり」 | HOME | 【機動戦士竹ガンダム】第42話「オリビア帰還」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/187-9968454a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)