今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第3話「竹ガンダム起動」

[ストーリー]
徳永食堂の地下には、開発後6年間放っておかれたバトル・マシン「竹ガンダム」があった。徳永連合のイスン社長は竹郎に、徳永食堂を壊した弁償として竹ガンダムのパイロットになることを提案する。気合十分にそれを了承する竹郎。しかし、うっかりオリビアのうっかり発言が元で、反乱軍に竹ガンダムの存在を知られてしまう。

[解説]
反乱軍の存在が明らかにされるこの回。首領の影がちらりと見えるのだが…。誰かに似ているなあ、と思われた方、ネタばれになるといけないのでだまっているように。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/02(火) 23:48:55|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« 【機動戦士竹ガンダム】第4話「舞台の王」 | HOME | 大河ドラマ「篤姫」第48話「無血開城ならず」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/56-8fb89581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)