今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第4話「舞台の王」

[ストーリー]
月面サーカスの看板俳優、勇一郎ドットコム。彼は月の社会のアングラ界の王と呼ばれていた。そして彼は、裏社会の人脈を利用して密かに反乱軍に協力をしていた。そんな勇一郎はある日、地元劇団の看板女優・林田麻里に巨大なカボチャを持たせたあげく、
「肩が、なんだぁー!」
と怒鳴ってしまう。彼女は西日本新聞の連載コラムの執筆を辞めてとりあえずCM出演を目指すのだが。

[解説]
勇一郎の貧乏生活の描写があまりにも強烈。収入の半分以上が4畳半のアパートの家賃に消える、など壮絶なエピソードが続出。「もうだめだ、と思っても家賃などが滞ったことがないんですよ」という名台詞はファンの間で流行語となった。なお、うちはそば屋ではないらしい。

>>第1話から読む
  1. 2008/12/02(火) 23:56:10|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« 【機動戦士竹ガンダム】キャラクター紹介。 | HOME | 【機動戦士竹ガンダム】第3話「竹ガンダム起動」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/57-b8e3ba73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)