今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】キャラクター紹介。

ガイア竹郎
ガイア竹郎(志垣太郎)
並外れた気合の持ち主であり伝説の秘宝「空虚の泉」を探すトレジャー・ハンター。まだ20歳なのになぞのメガネ美少女・アヤトにお父さん呼ばわりされ憮然。

oribia.gif
うっかりオリビア(宮崎あおい)
竹郎のことが気になっているくせにうっかり竹郎とアヤトを近づけちゃったりするうっかりもの。とほうもない天然ボケの持ち主であって、そのボケで常に騒動を引き起こす。そういうキャラが一人いると格段にストーリー展開を作りやすいから、という理由については秘密だ。

アヤト(aya)
ガソリンスタンドでアルバイトしていて自転車で現れた竹郎と知り合い(よく考えたら不思議だ)、竹郎を”お父さん”とよび慕って地球までついてくるという、フレンドリーかつ行動力にあふれたメガネ美少女。歌声で妖精を召還する能力を持っているが、それがなんの役にも立たずストーリーとも何の関係もない。声優を担当するayaは、現在人気急上昇中のアイドル歌手で、40話以降の挿入歌「月の泉」をうたっている。

kando.gif
勇一郎ドットコム(劇団GIGAの菊澤さん)
究極の貧乏生活を続ける月面サーカスの看板男優。得意技はパントマイムでバイクに乗る演技をすること。。「スリップゾーンに入りました。」といってドリフトするシーンは、ファンにとっては定番のものまねネタ。

イスン社長(オレ)
月面を実質支配する巨大複合企業体「徳永連合」の社長。経歴など一切不詳。ある日、忽然と月に現れた彼は一代で徳永連合を築き上げる。彼こそ「コンピューター管理された高度技術物々交換社会」だった月社会に「資本主義」という概念を持ち込み社会を激変させた張本人なのだ。

kuwata.gif
桑田(清原)
地味。とにかく地味。てゆうか最近ひたすら地味。「なげる不動産屋」などとよばれていたのは昔の事で、今はただ、なげるだけ。しかし白いはちまきを閉めて入魂のビーンボール魔球をなげつづけることで、眠っていた巨大遺跡はよみがえる…。

指揮官・古田(野村克也)
表向きは、少年野球教室の先生をつとめるなどきわめて善人面。しかし、その体の中には腹黒い謀略の血が流れているのだ…。

よんく(つんく)
林田麻里(本人
玉置浩二(本人)
オリバート・オデブサン(コニシキ)
忍者(竹中直人)
ジュリア集合(藤井フミヤ)
イスン社長の失礼な部下(マイケルサンダーえぞえ)
赤ガキ隊(青ガキ隊)
カノウ嬢(叶姉妹のどっちか)
デルファイの神官たち(ザ・ドリフターズ)


>>第1話から読む
  1. 2008/12/03(水) 00:09:02|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« ブラッディ・マンデイ | HOME | 【機動戦士竹ガンダム】第4話「舞台の王」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/58-9407b39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)