今夜の番組から…

【機動戦士竹ガンダム】第13話「地獄甲子園」

[ストーリー]
超古代遺跡・地獄甲子園のマウンドに一人たたずむ男がいた。彼の名は桑田。彼が投じた入魂のビーンボールにより、ついに地獄甲子園の封印が解かれた。内野のダイヤモンド下の電磁プレートが生み出した擬似反重力により、竹ガンダムは地球へと飛び立つ。

[解説]
地獄甲子園の正体はラグランジュポイント上の軌道エレベータへの入り口だった、という壮大なSF設定に驚愕したハードSFファンも多いことだろう。声優を担当した清原の棒読みにも驚愕させられた。

>>第1話から読む
  1. 2009/01/12(月) 06:44:42|
  2. 機動戦士竹ガンダム
  3. | トラックバック:0

« 情熱大陸棚「~MilkyWayの素顔~」 | HOME | 【機動戦士ガンダム00】第14話「歌が大ヒット」 »

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvprog.blog33.fc2.com/tb.php/78-eba60959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)